January 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

監督や役者の考え(ヘイデン・クリステンセン)

『Making OF STAR WARS REVENGE OF TEHE SITH』には撮影の際にルーカスや役者がシーンごとのキャラクターの気持ちを言葉にしています。
そんな部分を抜粋して書いていこうと思います。

P116 右下
クリステンセンは「この映画の底流にはパドメとオビ=ワンの仲に関するアナキンの疑いがある。それが映画全体の潜在的要素になっている」と言う。

そうですね、オビ=ワンがパドメの家をアナキンがいない間に訪れた時もアナキンは少し嫉妬してました。
そして最後にパドメの首も絞めてしまうのもまた嫉妬から。
彼女の愛を信じきれなかったということですよね。
当のオビ=ワンはパドメのことをどう思っていたんでしょう?

メイキング・オブスター・ウォーズエピソード3シスの復讐ジョナサン・W.リンズラー

4789725626

comments

恋愛と嫉妬はワンセットですから。だからジェダイは恋愛禁止なんでしょう。
ユアンも言ってますが、極めて自然な感情ではあるんです。
所有欲、独占欲に陥って、相手の望むことを考えることが出来なくなってしまったのがアナキンの愚かさですよね。
オビワンが禁止されたパドメの恋愛を許すはずがないから、妨害してるという被害妄想もありそうです。

>当のオビ=ワンはパドメのことをどう思っていたんでしょう?

オビワンは、パドメのことを信頼してるけれど、基本的に政治家なのでそんなに好きではないようでしたね。オビワンはジェダイの教えがきちんと身に付いているので、博愛主義者ですよね。アナキンとルーク以外には、そんなに強い情愛を抱いていないのでは?

>基本的に政治家なのでそんなに好きではないようでしたね。

そっか、そうでしたね。アナキンに「彼女は政治家だぞ。政治家は信用ならない」って言ってましたね。

>博愛主義者ですよね

なるほど。ジェダイの教えをしっかり守っているというのは感情面でもまたしかりということですね。
精神面でも完全なジェダイの騎士になるのはすごく大変なことでしょう。欲望を捨て去らないといけないんですものね。

やはりアナキンはジェダイに入るのが遅すぎたというヨーダの言葉どおりだったいうことですね。ジェダイに入る前にすでにパドメに恋してしまってた訳ですから。

>被害妄想もありそうです。

アナキンなら考えそうですね(^^)
でもその不安定さがたまらなく魅力なんですよね?♪



  • Organa
  • 2005/09/20 5:13 PM
   

trackback

スターウォーズ・エピソード3★シスの復讐

Star Wars, Episode III^_^; もう秋の新作映画がごっちゃり公開されているというのに、 ずっと7月公開からロングランのお陰で、やっと不調を乗越えて観てきました。良かったです!! 言うまでもなく、大画面で観ておくべき映画ですもの。 画面のつくり

  • こひつじの毎日。What's Little Sheep?
  • 2005/10/06 1:32 AM
pagetop