September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

EPISODE1 ET出演

昨日私が書いた「元老院会議場」の記事にまるさんがコメントをくれました。

「このプラットフォームとやらで、E.T.を発見したときは感動しました。」

そうそう!ETが居るんですよね!
でも私はどこかで抜き出された画像は見た記憶があるだけで、映画の中では確認できていなかったんです。
な〜んてお返事を書いたらかわはらさんが

バローラム不信任動議が出された直後に、投票だ!投票だ!ってみんなが騒ぐ一連の場面の最後のカットですよ。」

と教えて下さったので、早速今日は確認してみました。


» read more

エピソード1 DVD特典「削除されたシーンとその秘話」

先日は「エピソード1 製作の裏側で見つけたもの」の記事を書きましたが、今度は同じ特典DVDの中にある「削除されたシーンとその秘話」を観ました。


これもまだ観てなかった!(笑)


私のお気に入りのショットをご紹介します


【レース直前のシークエンス エクステンション版】

このレーサーの


家族 かわいい!!


ジャバに食べられる前の生物

本編では顔のアップはなかったような・・・



【ポッドレース2周目 エクステンション版】

壊れたマシンの回収に向かうドロイド


実は帰りにセブルバに衝突されてこっぱみじんとか


セブルバがアナキンのマシンに炎を吹きかけるシーンなどもありました。



【滝のシークエンス】

海底都市から抜け出しナブーの都に浮き上がったところは滝のすぐ側


すぐに脱出をするオビ=ワンとクワイ=ガン


ユアンも迫真の演技


のんびりしていて取り残されたジャージャー


このシーンはCGがふんだんに使われていましたが、初めて観た私は本当に乗り物(ボンゴ)が滝に落ちていくと思ってドキドキしてしまいました。
CGの技術って素晴らしい!



【エア・タクシーのシークエンス】

コルサントの綺麗な風景が随分カットされたようです




例えば使ったけど時間を短くしてしまったり。



【レース当日の夜明け】

パドメがアナキンを起こすシーン


整備に疲れて外で寝ちゃってたんだ。
この時C-3POはマシンに青い色の塗装を施していました。
えらいぞ、C-3PO!



【アナキンとグリードの取っ組み】

レースの後、友達のグリードにインチキをしたと言われて怒りにまかせて喧嘩をするシーン



怒ってるアナキンも可愛い


ここでダークサイドへ堕ちる片鱗を見せたかったようです。



【ジラとの別れ】

優しくしてくれたおばあさん「ジラ」に賞金の一部を渡して冷却装置を買うように言います。この少し前に「自由の身だ」というセリフをアナキンは言っています。

そこにダース・モールが放った偵察ドロイドが近づいてくる
気づいたクワイ=ガンはドロイドを壊します



危険を感じたクワイ=ガンは急いでシップに戻ることに


本編で突然走っている2人を見て私はいつも不思議に思ってたのですが、このシーンがあれば何故走っているか理解できたのになぁ。

こんなシーンもあったんだ





実はまだまだDVDにも載っていないカットされたシーンがたくさんありました。

『スター・ウォーズの鉄人』のカットシーンのページ

以前にも何度もお邪魔して見ていたはずなのに頭に入ってないものです。
またまた感動してしまいました。

まだまだパダワン卒業は遠いなと感じたOrganaでした(^^)

エピソード1 製作の裏側で見つけたもの

スピンオフ小説「ローグ・プラネット」を読むと無性に子供の頃のアナキンに会いたくなりました。

エピソード1のDVDを取り出してみて気がついた。
私はまだ2枚目のボーナスディスクを観てない!

2枚目のディスクにもカットされたシーンなど色々なものがてんこ盛りなんですが、その中で『メイキング・オブ・エピソード1』を選びました。

メイキングって大好き!

いました、ジェク君
オーディションを受けてるシーンです。
これは以前コウシキページのハイパースペースに入って居た時に見た事あるんですが、大きな画面で見たのはこれがはじめてでした。



この時は緊張してるのか何度もセリフを間違えてたけど、ルーカス曰く

「何度も取り直さなければならないが、演技力がずば抜けている。予測もつかないことをやってくれる。」と言っています。

そしてはじめての本読みの日


きゃ!かわいい!!


次にオビ=ワン・ケノービ役のユアンが撮影開始5ヶ月前に髪を切るところ。


こんなに長い髪だったんですね!

バリカンでばっさりやられちゃいました(笑)


この時、もみあげの髪は残したままです。
つまりパダワンの証である三つ編みを自毛で、長さの足りない部分はつけ毛で補って作ってました。

ここでルーカス氏が
「三つ編みの先に色のついた糸を巻くんだ。その色によって弟子のランクがわかる。何年訓練を受けているかとかね。」
と言ってました。

ずっと以前に誰かに教えて頂いたことがあるんですが、ここで言ってたのか(^^)


しかも三つ編みは最初は両側にあった!!
そしてお腹まで届くほど長かった!


ところが撮影2ヶ月前にはこの残してあった髪もなくなっていました。
実際に動いてみるとやはりもみあげの位置では邪魔だったのかな。
結局右の耳の後ろにだけ三つ編みがつけられるようになったんですね。


チュニジアでのロケは気温57度


57度


私なら息もできないかも・・・みんなすごいプロ意識です。

偉大なるマスターもカツラの長い髪を本番までは上げてもらってたらしい。
ぐふふ、何かちょっとおばさんっぽい(^^)





嵐でセットが壊れてしまった時、マッカラム氏が「こんなことはスター・ウォーズの時にだってあった」と言ってました。
そうそう、エピソード4を撮ってる時もこのチュニジアでセットは壊れたんですよね。

どんな時も冷静に解決策を考えていくスタッフに拍手です。


や、面白かった!
どっぷりハマって観てしまいました。

スター・ウォーズ エピソード1のパンフ落札♪

1週間ほど前から右目が時々痛みます。
先日タマネギ切ったら右目からすんごい量の涙が溢れました。
これはちょっとやばいですか?

見えなくなったら大好きなスター・ウォーズだって見られないじゃないですか。わわ!いかん!医者に行こう!

ということで行ってきましたらなんと単なる眼精疲労でした(笑)
問診表に「パソコン 時間/日」と書く欄がありまして、悩んだ挙句に6時間と書きました。ちょっとウソをつきました。

パソコン6時間、ゲーム3時間と書きたかったのですがそんな欄がなかったので、おほほ

出来るだけ目を休めるようにしなくてはいけないなと反省して帰ってきたら落札したパンフが届いてました♪

めちゃくちゃ嬉しいので早速スキャンしてお披露目です!


まずは表紙から 
スキャンしたらEPISODE1の文字が消えてしまいました(TT)



そしてアナキンとパドメ
こうしてみると恋に落ちそうもない年齢差ですよね



ポッドレース前
これ、多分殆どがCGですよね。凄いなー!



かわいいアナキン



怖いメイス



そしてコルサント



ダース・モールとの戦い



そしてこのパンフの中で一番びっくりしたのがこちら
オビ=ワンの衣装と髪型 初期デザイン



ええっ!


まるで忍者みたいですね。しかもシャープでかっこいいです。
私の好みとしてはコチラがすき♪

なんで採用されなかったんでしょう?



さて、目を休めなくては!
っていいながらゲームの電源いれちゃうんだろうなぁ

アナキンの母 シミ

今日はアナキンの母「シミ」を取り上げたいと思います^^

そもそもアナキンがどうやってシミのお腹に出来ちゃったかということが謎。
それをルーカス氏が明かしてくれなので憶測は限りなく広がっているようですが、いつかきっと本当のことがわかる日が来ると信じて待っております。

でも、出来ればダース・シディアスが作った・・・というのはなしにしてほしい。だってアナキンが可哀相すぎるもん(TT)

他に考えられるのかと言えば、予言にある者が、奇跡のようにシミの身体の中に突然芽生えたということにしてくれたらいいのに。
あくまでも個人的な希望です^^


シミの顔を思い浮かべるとどうしても暗い表情と、亡くなる時の顔しか浮かばない。笑ってる顔だっていっぱいあるんだけどね。





EP3のアナキンはどのシミを思い出していたんでしょう。
腕の中で息を引き取るシミの顔ばかりを浮かべていたんじゃないかな。
それとパドメを重ね合わせて「失いたくない」という気持ちを増幅させちゃった気がします。

笑ってる母さんを思い浮かべてたら・・・無理か。

二人が離れ離れになるこのシーンは何度見ても泣けます。
シミにはやっぱりこの耐えている顔がとてもよく似合ってる。




それにしても小アナキンはかわいいな!!
(いや 今日はシミの話だってば)


(画像はFACTFILEから)


アナキンと別れてからは奴隷から解放されて少しでも幸せな時間があったことが何よりの救いです。




2週間ほど前に河原さんにお借りしたEP4とEP6のオリジナル版を観ました。
音楽が全然違うのに驚いたり、画面の色合いが全体的に違っていたりするのにも感動しました。映像の粒子が粗い?っていうのも感じたかな。
私が最初に観たのはこれだったんだ!と思うとなんか不思議な気持ちでした。だって本当に「古い映画」の雰囲気がいっぱいだった(笑)

私が持っているのはデジタルリマスターされた綺麗な映像です。同じものとは思えない。昔の映像を綺麗に作り直す技術ってすごいです。

そして、先日はEP3を久しぶりに観て満足してましたが、今度はEP1が観たくなってきちゃったぞ(笑)
多分EP1が一番観た回数が少ないです。まだ5回くらい。
隅々まで覚えてるとまではいかないです。

EP1を観ると、もちろんEP2も観たくなる訳で、そうなるとまたEP3へ・・・こいうのを永遠の螺旋っていうのかも(笑)


壁紙はちょっと色をいつもより濃い目にしてみました。シミの顔がよくわかるように。

スターウォーズ エピソード1 を久々に見た(ToT)

どうしてタイトルに(ToT)が入っているかといえば、そのまんまなんです^^
あちこちのシーンで泣けてしまうんです。

この作品は見たのがもう随分前だし、セリフをじっくりと考えるほどもみていなかったのですね。そして今回エピソード3を見終えて、小説も読んでみてもう一度観てみるとかなり感慨深いものがありました。

最初にじゅわっときたのがポッドレースの前日、子アナキンが自分の乗る船?の手入れをしているところです。壊れていたんだよね。
エンジンがかかったときに子アナキンは大声で叫んで両手を高く上げてガッツポーズ!!

(┰_┰)
どうしてこのシーンで泣けちゃったか。
それは「飛ぶ」ことが何より好きなアナキン・スカイウォーカーというのが私の頭にこびりついているからです。
大人になって、ジェダイになって、危険な任務についていても空戦だけは大好きだったから。それとシンクロしちゃったらしいです。

あとはもうお母さんの顔を見てるだけでウルウルきちゃって大変。
あの方の演技はなんとも言えずたまらん雰囲気をかもし出していますね。
子アナキンへの深い愛がひしひしと感じられました。
そして何かを見通しているその瞳。
お母さんにはアナキンの将来が見えていたのかもしれないと思いました。

誰かがこの子を迎えに来る
それはわかっていたんじゃないかな・・・・
「あなたの前に敷かれた道なのよ」と言うんですが、この時そう思いました。

オビ=ワンとクワイ=ガン・ジンとダース・モールの戦いは迫力ありました!
オビ=ワンはこの時からライトセーバーの扱いが素晴らしくて動きも早い!
食い入るように観てしまいました(笑)
私はオビ=ワンはエピソード3のほうが印象が強いので、若い彼の姿を改めてみて「かっこいいじゃない(*^^*)」と初めて思いました。
でも、パダワンの髪型はちょっと似合ってなかったかも(笑)
アナキンのほうが似合ってるし、へへへ♪

今日私が借りたエピソード1のDVDには入っていませんでしたが、エピソード3のサウンドトラックのおまけのDVDではクワイ=ガン・ジンの葬儀の時、オビ=ワンが子アナキンに「君はジェダイになる 約束する」と言うシーンで子アナキンは自分が大人になってドゥークーと戦う未来を見ているような表現をしているのです。

これはサントラという特殊なものだから効果を盛り上げるために二つのシーンを繋げていたのかと思っていましたが、その後エピソード3の小説を読んで「ここだ!」と思ったのですね。

★彼は子供の頃から、自分がジェダイに選ばれることも、宇宙を舞台にした冒険が待っていることも知っていた。わずか九歳で、男女の愛を理解することさえできないうちから、パドメ・アミダラの美しい顔を見つめ、彼女が自分を愛するようになるのを見てとった。そしてふたりがいつか結婚するのを。(P241)

過去の作品にも手を加えたものが今作られているということですが、サントラやエピソード6のように全ての作品があちこちで繋がっていくようなシーンが入ってくるとファンとしては嬉しいですね(*∩_∩*)
返却は明日なのであと2回は観なくちゃ!

スター・ウォーズ エピソードI ファントム・メナス

スター・ウォーズ エピソードI ファントム・メナス
1
pagetop