November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

復活したパドメ

『Simon's Home Page』

非常にグレードの高い壁紙をお作りになってるサイトです。
1枚の壁紙に物語があります。それだけで泣けてきてしまうような、そんなものもあります。
ご存知の方も多いのでは?
久しぶりに訪ねたところ「えっ!!」と思うものを発見してしまいました。
こちらの壁紙です

(画像をクリックすると元画像のページにジャンプします)

パドメの目がうっすらと開いているのです。


(画像をクリックすると元画像のページにジャンプします)
むふふ、確かにメイキングではこういう画像もありますよね。でも、壁紙には普通は目をつぶっているものを使うのではないでしょうか。

あえて目をあけたパドメを使ったのはどういう意図でしょうか。

それでもパドメは素敵だからどっちでもOKなんですが。
一瞬すごく驚いたのでご報告と同時にまだこちらのサイトをご存知ない方へのご紹介でした(*∩_∩*)

パドメ・アミダラの口紅

FACT FILE(ファクトファイル)をまったりと読むのも好きですが、まず殆どのことに驚いています。知らないことばっかりなんだもん。

今日はパドメについても「へ!」をご紹介します。
でも、もう知ってる人も多いのかな。

☆クィーンの顔
やや滑稽なヘアスタイルではあるが、献身的な君主アミダラは、ナブー王室の伝統的なドレスをまとい、下唇には「思い出の傷跡」という赤く美しいマークを入れた。(ファクトファイルより)

『思い出の傷跡』

素敵な名前ですね!

一見ちょっとびっくりな口紅の付け方ですよね。
こんなものにまでちゃんと意味を持たせているところがスター・ウォーズってすごいな!と思ってしまうんです。

そしてこの口紅が似合うのは世界中でパドメだけだと思うな




いつも頭が重くて大変だったってナタリーがコメントしてましたね。でも、インパクト強くて私は大好きでした。

スターウォーズエピソード2 クローンの攻撃 写真集から

スター・ウォーズエピソード2 クローンの攻撃写真集
スター・ウォーズエピソード2 クローンの攻撃写真集



umeさんからご要望があったので、今日はこの写真集の中からパドメを演じたナタリーについての記事を紹介します^^



メイクを直してもらってるパドメです。綺麗ですよね

彼女は15歳の時に新3部作に出演を決めたそうですが、その頃はまだ女優としてずっとやっていこうとは思っていなかったそうです。
そんな時にこの3部作に出演を決めたということはその後10年くらいは続けようという覚悟が必要だったんですね。
「人生をかけた決断」だったと書かれてあります。

もちろん決断は正しかったですね(^.^)
アナキンのファン(ヘイデンファンかな)からも嫉妬されるのではなく「アナキンの天使」として受け入れられるほど彼女の魅力は圧倒的だったんだと思います。

ジョージ・ルーカスのコメントも少し出ていました。(49P)
「彼女にはちょっとおまけをあげることにしたんだ」「彼女の女王としての役割は終わり、元老院議員になった。もう以前のように形式にこだわる必要はないし、銀河の偉大なリーダーの一人として殻の中に封じ込められることもない。彼女はこの役割を見事に演じてくれた。」

そしてナタリーは
「アミダラが女王ではないということがすごく嬉しかったわ。だって女王じゃなければ、もう少し感情を表に出せるようになるじゃない。」
と言っています。

エピソード1では女王にしては行動的ではあったけど、重い衣装を着てお人形のような雰囲気の時も多かったですよね。感情を表してはいけない立場だったからでしょう。

それがエピソード2では笑顔もたくさん見られるし、軽快な服を来て戦うシーンも多かった。
素敵なドレスを着て愛を語るシーンもあったりして、エピソード1とは全く違うパドメを見ることが出来ましたね。
私は彼女のお腹が筋肉で割れているのに惚れ惚れしました(そこか!)


そのかわりエピソード3ではあまり「動」のシーンがなかったのが少し残念です。妊娠してるんだから動いちゃダメよね(笑)
でも、ジェダイ聖堂からアナキンが、自宅の窓からパドメが、お互いを思いやってるシーンは何度見ても涙が出ます。
いい映画にたくさん出演して演技に磨きをかけてきたんですね。
1
pagetop